ライフスタイル

いにしえの宿 伊久 宿泊レビュー・実際に泊まった感想【宿泊記】

ライフスタイル
スポンサーリンク

このページでは三重県伊勢にある旅館「いにしえの宿 伊久」について実際に泊まってみてわかったことや感想についてまとめています。

※あくまで体験記であり、記事掲載時点からサービス内容その他について変更となる可能性がございます。

いにしえの宿 伊久とは

おはらい町・おかげ横丁から徒歩圏内にある旅館です。
赤福本店から徒歩5~10分程の場所です。
赤福本店のすぐ近くにある橋(新橋)を渡って真っ直ぐ進み、突き当りを左に曲がります。
すると階段の上に鳥居が見えてきます。階段を上り左のほうへさらに上っていくと正面入り口の前に出ます。

一番早いチェックイン時間は15:00からですが、チェックイン前でも荷物を預けることはできます。
大きな荷物は先に預けて小さいバッグだけを持って身軽に伊勢神宮参拝したり、おはらい町・おかげ横丁を見て回ることができるのが魅力です。

旅館入り口の鍵付き下駄箱に靴を入れて館内は履物なしで歩き回れます。
客室の出入りでいちいち履物を脱いだり履いたりする手間がありませんし、大浴場の出入りの際も履物がないので他の宿泊客と履物が混ざってしまう心配がありません。

色浴衣について

1階の浴衣処に置いてある浴衣は館内着として無料で借りることができます。
フロントからエレベーターの前を通り右手の方に、一段上がっているスペースがありそこに置いてあります。見えにくい位置にあるので少しわかりにくいのですがその辺りを探してみてください。

人気がある色柄やサイズは早い者順でなくなってしまいますので興味がおありでしたらチェックイン後の早いうちに借りておくことをおすすめします。

客室露天風呂について

公式サイトによると、全ての客室に露天風呂とシャワーブースがついています。
特別室を除いては、天然温泉ではなく部屋にあるボタンを押して湯を張るタイプです。

ただし、試しに(もちろん服を着たままで)ベランダに出て確認してみたところ、ベランダから駐車場など人が立っていてもおかしくない場所が見える位置にありました。こちらから見えるということは向こうからも見えるということですので、使用はしませんでした。
部屋の階数や位置にもよるかもしれませんが、お部屋到着後に確認はしておくことをおすすめします。

共用ではありますが大浴場や貸切風呂が充実していますので、内湯を使わなければならない事情やこだわりなどがなければ使用しなくても特に問題ないと思います。

あくまで個人的な感想ですが、外から見られる危険性があるくらいなら景色は見えなくてもいいので外から見られないようにベランダにバリケードなどがあって安心して入れるほうがよかったなぁと思います。

大浴場について

公式サイト

場所:3階
利用時間:PM15:00~AM11:00(清掃中など一時的に利用できない場合あり)

タオルは部屋にあるものを持って行く必要があります。
鍵のかかるロッカーがあります。鍵にブレスレットがついていて腕につけて風呂に入れるタイプのものです。
脱いだ服や湯かごを入れて施錠することができます。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープが置いてあります。
脱衣所には洗顔料や化粧水・美容液が置いてあります。

旅館からの注意書きに、「異性のお子様との混浴は小学生未満までとさせて頂きます」と記載がありました。

貸切風呂について

公式サイト

場所:3階
利用時間:PM15:00~AM11:00(清掃中など一時的に利用できない場合あり)

4つの貸切風呂があります。
・伊勢の湯 ひのき
・夢想の湯 ひのき
・青竹の湯 岩
・白絹の湯 大理石

特に予約などは必要なく、貸切風呂前の電光掲示板で入浴中の表示がなければ使用することができます。逆に言えば、何時から何時まで押さえたいというような予約はできないと思われます。

タオルは部屋にあるものを持って行く必要があります。
ボディソープは置かれています。シャンプーとコンディショナーはないので、大浴場に行かず貸切風呂だけで済ませたい場合はご自身のものを持ち込むといいでしょう。
1階の売店でミキモトのアメニティーも販売されています。

広さは同時に大人2人が入れるくらい。3人でも手足を広げずに座ればあるいは。
実際に入った湯の感想だけ書きますと、伊勢の湯は楕円形なので少し狭めで大人2人が入ったら足は伸ばせないかなと感じました。白絹の湯は大人二人が手足を伸ばしてゆったり入れます。

筆者が宿泊したのは長期休みなどの繁忙期ではありませんでしたが、それにしてももっと取り合いになるものかと思っていたら意外にいつ見てもすいていました。
大浴場ではできない、小学生以上の異性の子供と一緒に入る場合や夫婦やカップルで広々と混浴される場合によいのではと思います。

湯上りのお楽しみについて

3階の大浴場前にある湯上り処では、朝と夜で異なる無料サービスが置いてあります。
夜はフルーツ味のアイスキャンディー、朝はコーヒー牛乳・フルーツ牛乳・ヤクルトが提供されていました。


夜。冷凍庫にアイスキャンディーが入っています。


朝。コーヒー牛乳が人気のようで比較的品薄ですが補充されます。

夜食(夜鳴きそば)について

場所:1階のお迎え処
提供時間:22:00~23:00
※数量限定

夜食として夜鳴きそばが無料で提供されています。
簡単に説明するとしょうゆラーメンです。量は普通に1人前くらいです。

その場で食べるか客室に持って行って食べるかを選ぶことができます。
お迎え処は座れるスペースは少なめです。セルフサービスでお水も飲めます。

22時の少し前から並んでスムーズに食べることができました。食べ終わった後、10人ほど並んで待っている方がいました。
あっさりしたしょうゆ味でとても美味しく、1人前あってもスッと食べ終わることができました。

朝食について

場所:1階 お食事処「祥山」

量は画面に収まりきらないほどかなりしっかりとある感じです。

売店(お土産屋)について

営業時間:24時間

伊勢土産のお菓子や食品や松阪牛などのほか、旅館内の備品である湯かごや作務衣も売店で販売されていて購入することができます。

5000円以上購入すると、お土産の宅配送料が無料になります。
ダンボール箱代として別途200円かかります。
箱の大きさは44.5×32.5×21.5cmでした。

他店で購入したお土産や、衣類でも、箱に入るのであれば一緒に入れて送ってくれます。(割れ物は不可)
あとはもう持って帰るだけというような衣類を一緒に入れて送ってもらうと、手荷物の量も重さも減らすことができてとても便利です。

売れ筋No.1は「太閤出世餅」とのことです。

客室内に無料で置かれていたお菓子がこれでした。
平たい形で、粒あんがお餅で包んである和菓子です。個包装なので職場へのお土産などバラ撒きにも便利です。
楽天市場でも購入できます。

おすすめのお土産は朝食でも提供されている「わかめの青のり」です。

よくある岩のりよりあざやかな緑色をしていてご飯にとても合います。
チューブタイプなので、中身を出すときに箸やスプーンを使わずに済むのが便利です。
楽天市場でも購入できます。

宿泊プランについて

宿泊プラン
※楽天トラベルは割引クーポンが配布されている場合があり、ポイントが溜まるのでおすすめです。

夕食無しで朝食のみのプランもあります。
夕食付きかどうかで5000円以上の差があるので、朝食のみプランにしておはらい町・おかげ横丁で早めに夕食を済ませるのもおすすめです。
おはらい町にも伊勢うどんや松阪牛などお食事処はたくさんあります。

内宮エリアの飲食店一覧

ただし注意点として、おはらい町のお店は閉店が早いです。
食事処でなければ16時半には既に閉まっているところもありますし、食事処でも16時ラストオーダーというお店もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました