乙女ゲーム

ジャックジャンヌ Complete Collection -sui ishida works-(設定資料集)レビュー・感想

乙女ゲーム
スポンサーリンク

このページでは、ジャックジャンヌ Complete Collection -sui ishida works-の感想・レビューについて記載しています。
簡潔にご紹介しますといわゆる設定資料集のような内容となっています。
内容について以下にまとめました。

3300円(税込)/268P

分厚さは2cmくらいでかなりページ数があります。

カラー口絵

表は夏合宿での海の横長イベントイラスト、
裏はジャックジャンヌの制作裏側年表となっています。
(ものすごく事細かに記載されています。)

メインキャラクター紹介

各キャラクターの
・プロフィール
・立ち絵
・ミニキャラ
・服バリエーション
・表情ピックアップ
・イベントイラスト
などが網羅されています。

サブキャラクター紹介

オニキス、ロードナイト、アンバー、ユニヴェール関係者、その他キャラの
・簡易プロフィール
・立ち絵
・表情
が紹介されています。

各公演

新人公演/夏公演/秋公演/冬公演/ユニヴェール公演の
・公演までのあらすじ
・公演のあらすじと配役紹介
・バストアップイラスト
・衣装三面図
・イベントイラスト
・歌曲(フルサイズ歌詞パート分けつき)
が網羅されています。

資料集のページのおよそ半分をここが占めているかなというくらいボリュームがあります。
衣装設定のページで落書きみたいなのもあったりして見ごたえあります。

クリエイターズ・インタビュー

◆コンセプトアート制作 浪人さん

◆楽曲制作 小瀬村晶さん

◆公演ダンス制作 Seishiroさん

◆公演2Dムービー制作 牛丼さん

◆立花希佐役 寺崎裕香さんキャストインタビュー

石田スイ先生からの質問に上記の方々が返答するという形式で各人3ページほどみっちりと内容があり読みごたえがあります。
どういう風に制作されたかという流れも語ってくださっているので、制作裏話をきいているようで面白いです。

石田スイ先生×十和田シン先生 2万字対談

制作の裏側を語る2万字対談です。
プロジェクトの経緯や没になった案などかなり読み応えがあります。

各ページの背景でイベントイラストのラフ絵を見ることもできます。

呼称表

キャラクターの一人称、二人称、他キャラへの呼び方が網羅されています。
特に二次創作をされる方にはありがたいんじゃないかなと思います。

ゲーム中で話す機会のないキャラ間(例えば希佐以外とあおなど)にも一応呼び方が設定されていて、見ているだけでもおもしろいです。(丹頂先生の生徒に対する呼び方とか)

その他

・OP歌詞
・ゲームシステム紹介
・夏合宿での立ち絵とイベントイラスト
・東山マキさん描き下ろしイラスト(ミニキャラ)
・各ルートのあらすじとイベントイラスト
・サブキャラクターエピソードイラスト
・ED歌詞
・あとがき(石田スイ先生)
・作曲 小瀬村晶氏による劇半全52曲の楽曲解説
・作曲 小瀬村晶氏と編曲 小川明夏氏による歌曲全17曲の楽曲解説

買った人の感想

いやもう発売日に買ってたんですけれど……
当然のように素晴らしくて特に私が言うべきことはないな……って感じだったんですけど……
夏劇のまとめ感想ページは作ったのに公式資料集のページがないのもなんだかなと思ったので今更ではございますが。

シシア衣装の下着ってこんなえr……えらいことになってたんですね?
これ見て希佐ちゃんは一体どういう反応をしたのか非常に気になる。
そして衣装案を考えたのは根地黒門であるという事実を周知徹底しておきたい。

先生方の対談と、クリエイターインタビューが面白くて、買ってよかったなと思いましたね。
イベントイラストとか立ち絵はまあゲーム中で既に一度は見たものになるわけですけど対談やインタビューはここでしか読めませんので。

個人的に、浪人さんのインタビューページで載ってたユニヴェールの寮や劇場の3D外観イメージがすげえ……ってなりました。
クォーツ寮の全景ってこうなってたんだ……。
あとゲーム中では見たことなかったけどアンバー寮ってこんななのねーとか。
玉阪市全景のコンセプトアートがいつ見ても惚れ惚れする。

スタート画面放置してたら見られるこの絵ですね。
ちなみに上は一部分で、全体はもっと広範囲が描かれています。
公式サイトから見られますね。
というか改めてまじまじと見ると凄まじい描き込みよう……数年費やしたとしても描ける気がしない。

これグッズ化したら絶対売れるのにというか私が欲しい……。ってよく思ってます。
額入り複製原画とかでも雰囲気絶対出るし、キャンバスアートとかタペストリーなら普通に欲しい。
見る人がジャックジャンヌ知らない限りは絶対オタバレしない。隠れオタ歓喜ですよ。
本当グッズ化お願いしたい……
玉阪市全景と、ユニヴェール歌劇学校のキャンバスアートとポストカードが欲しい……
あと、公式サイトのメインキャラページで見られるコンセプトアート(メイン7人分)はなぜか収録されてませんでした……よね?なんかの大人の事情があるんでしょうか?
浪人さんが「白田はいいと思ってたので描けて嬉しかった」とインタビューで答えてらっしゃったのはこの公式ページで見られるキャラコンセプトアートのことですよねたぶん。
この希佐ちゃんのコンセプトアートのポストカードも欲しい。

2万字対談もすごく読み応えあって……読み終わるのに結構時間かかりましたね。
なんというか……石田先生と十和田先生がごきょうだいゆえにスムーズにやりとりができるからこそジャックジャンヌが生まれたんだろうなぁと思うと……奇跡のようというか……
なんか、たまたまクッキーモンスターそっくりに見える石が自然界で生まれたりするじゃないですか。
そういうものを感じる。
いや、ジャックジャンヌはポンと生まれたわけじゃなくて紆余曲折を経て形作られた先生方やクリエイターさんがたの尽力の結晶ということは対談を読めば痛いほど伝わりますが……!

白田先輩が2年で1人だけなので他キャラとの兼ね合いを比較的気にしなくていいということで白田先輩からイラストなどが作られることが多かったというようなことと、
「もともとはキャラルートのエンディングにするはずだったネタを冬公演に全員分詰め込んだ」というのを読んで、
だから冬公演がミツキサ寄りというか白田先輩個別に片足踏み入れたみたいな内容だったんだな……!?と一人でおおいに納得してました。

あとびっくりしたのが、フミさんルートは全部石田スイ先生によって書かれたってことですね。
いやそれ自体にも驚きましたけど、イラストどころか仮歌・作詞とかまでやってたのにその上シナリオまでがっつりやってらしたの……!?みたいな。
いやシナリオにも関わってらっしゃるのは存じてましたけど、方向性とかだいたいの大筋ぐらいかと思ってて。1ルートフルで書かれてるとは思わないじゃないですか。
なんというか……そこまでのこだわりをもってジャックジャンヌを世に出していただいてありがとうございますという感謝しかありません……。フミさんルートめちゃくちゃときめきました……。ありがとうございます……。

コンプリートコレクションというだけあって、ジャックジャンヌの全てがぎゅぎゅっと詰まった御本でした。
ものすごく満足感がある一方で、これで全て完結してしまった気がして寂しい……という複雑な気持ち。
まぁでもブロッコリーさんの経営計画によると、ジャックジャンヌをこれからうたプリのように収益の柱として成長させたいとのことらしいので、その言葉を信じて、そのうち株を買うよ……!

アニメ化してほしいなぁ。1クールで夏公演までやって、2クール目で希佐ルートクリアまでいける…か?
アニメ化したら脚本は吉 田 玲 子さんでお願いしたい…(ファン)
新一年生入った続編欲しいけどまぁこれは厳しいだろうな。
FDなら立ち絵とか既存の素材が使えるからまだ比較的可能性あるかもしれないぐらいのレベル。
いやもう贅沢は言わない……ドラマCD……!
プリンスオブストライドって乙女ゲーが各ルートED後のドラマCD出してくれてて嬉しかったんですよ。
(ちなみにその乙女ゲ、ヒロインの声が花澤香菜さんで攻略対象に小野賢章さんキャラがいる。ドラマCDでもヒロイン声ありで最高である)
それも厳しそうなら夏劇みたいな小説形式で各ルート後日談をくださいぃ……

ゲームを立ち上げなくてもイベントイラストやキャラ絵を見ることができますし、ここでしか読めない制作秘話があったりとファンであればまず買って損はない内容だと思います。


電子書籍版 もあります。
スポンサーリンク
この記事をシェアする
雨星をフォローする
murmurblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました