ジャックジャンヌ ステラセット特典小冊子 あらすじとネタバレ感想【ステラワース特典】

乙女ゲーム
スポンサーリンク

このページではジャックジャンヌ ステラワースの店舗別特典であるステラセット特典小冊子のあらすじとネタバレ感想についてまとめています。

小冊子の内容は6人のエンディング後ストーリーです。
12Pで1人あたり2Pのショートストーリーです。

★ステラセット特典小冊子の入手方法
再販予約受付中ですので今からでも入手可能です。
(上限に達し次第品切れになるようですのでお早めに)
小冊子目的なら購入すべきはステラセットです。
買い間違えのないようにご注意ください!
ステラワースの通販ページはこちら

高科更文 『色華』

◆あらすじ
デートの待ち合わせ場所である玉阪坂へ向かうフミ。
フミに気づいた希佐の嬉しそうな声に、可愛いもんだなと思いフミが笑うと、希佐は恥ずかしそうにうつむいた。
観光客の気配で希佐が身をかたくして少年の気配を強めたのを察したフミは、希佐を一人暮らしを始めた自宅に誘う。
フミは自分のカギを取り出そうとしてやめ、希佐に合鍵で「開けて?」と言う。
ドアを開けながら言った「やっぱ好きだわ、お前のこと」というフミの言葉への希佐の返事を、フミはドアが閉まる音と一緒に飲み込んだ。

◆感想
(フミさんの春私服すきー)
フミさんが希佐の入学当初から希佐を頻繁に外に連れ出してたのって、
ユニヴェール内では緊張続きだろうから少しでも息をつけるようにと思ってのことだったんだそうですよ……!
フミさんの包容力で胸が詰まって息ができない……すき……好きで窒息する……
外じゃ完璧な演技力を以てただの先輩を装っているフミさんが(まぁ外でも希佐からかってましたが)、自宅のドアが閉まった瞬間に希佐を欲しがる男の顔を隠さなくなるの想像したらものすごく萌える……。
足の力が抜けてかくんってなった息も絶え絶えな希佐を抱きとめるフミさんの図が容易に想像できるゥ……
希佐は恥ずかしくて顔見られたくなくてフミさんの胸に顔埋めるんだけどそれがまたフミさんの心の琴線をかき鳴らしまくるのであったっていうね……

もう本ッッッ当に ステラセットにしておいてよかったと心の底から思った。
絶対ハマると見越して1年前から予約していた自分を褒め称えたい。
ゲームクリア直後で、後日談に飢えてるところに摂取する公式フミキサは最高ですわ……

睦実介 『相生』

◆あらすじ
玉阪座とユニヴェールでお互い忙しい日々を送るカイと希佐が会えるのは休日だけでそれも毎週ではない。
夕方になりカイの部屋を出ようとする希佐を見て、カイは「寂しい」という気持ちに耐え切れず希佐を後ろから強く抱きしめる。
変わらない笑顔で部屋を出ようとしていた希佐も、「まだ帰りたくないんです、本当は」と隠そうとしていた思いを哀しげな顔で告げる。
カイは帰らないでくれと希佐に請い、抱き上げた。

◆感想
(カイさんの立ち絵の中でこの表情一番好き ハセクラverが特に)
ゲーム中でも思ったときあったんですけど……
カイさんのイベントってなんかこうちょっと……オトナな展開を想像してしまうんですけどそれで合ってるんです???(?)
このSSも、日が暮れても希佐はカイさんの部屋から帰らなかったという描写がされてるんですけどそれってつまり??ってことで……
この謎を紐解くべく私はこの日が土曜って書かれてるかどうかめっちゃ文章の中を探したんですけどそれは書かれてませんでしたね。
すがるようにバックハグで引き留めるカイさん萌え。
希佐とめちゃめちゃ(略)した休日明けのカイさんってツヤツヤはしてるんだけど表情は余計に恋情を募らせて(際限が無い)物憂げにしてそう……
希佐は腰痛そうにしてたところをたまたま稀ちゃんに目撃され、「クォーツって稽古しすぎなんじゃない?」とか言われる。でも手加減してくださいとは言えない希佐。

根地黒門 『才愛』

◆あらすじ
脚本執筆中の根地の部屋に希佐が差し入れを持ってくる。
根地に書きかけの脚本を渡され言われるままに演じていた希佐は、積み上がった書籍につまずいて倒れそうになる。
抱きしめるように支えた希佐の顔が気恥ずかしそうに赤らんでいるのを見て、根地は(生きてて良かったなぁ)と思った。
そして自分の瞳に彼女を映しながら言う。
「ねぇ、立花くん」「このまま一緒に倒れてみる?」

◆感想
正直な話私の中でネジキサとフミキサが双璧なんです……
このネジキサの、普段のやりとりにそんな色っぽさはないのに急に相思相愛比翼連理の恋人感入れてくるとこ……もっとやれくださいと思います。
はぁ~この後一緒に倒れてしばらく唇重ね合った後、根地先輩が唇離して身体起こそうとしたら希佐ちゃんとっさに身体が動いて根地先輩の首に腕回して引き寄せてちゅーしてほしい……
希佐ちゃんは根地先輩が執筆モードのときは邪魔したくないと思ってるからくっつきたいときも我慢してそう。だからこそ根地先輩が恋人モード入ったときはいっぱい甘えててほしい……
根地先輩としては、眼鏡が邪魔だからとろうと思って一旦身体起こそうとしただけなんだけど へぇそういうことしちゃうんだーへぇー立花くんへぇーって感じでめちゃめちゃ煽られててほしい
あとあの婚約指輪、希佐ちゃんさすがに指にはめて歩けないのでネックレスに通して見えないように身につけてると思うんですが(プライベートの時だけ)
根地先輩はキスしながら希佐ちゃんの胸元まさぐってその指輪さがしてるといい。

白田美ツ騎 『支合わせ』

◆あらすじ
夜、寮に帰る途中で稽古場に明かりがついているのを見つけた白田は予感がして稽古場へ向かう。
稽古場に入ると白田に気づいた希佐が嬉しそうに駆け寄ってきた。
二人で歌った後、膝に手を置き荒い呼吸をしている希佐を見て、白田は無言で腰をおろして自分の膝を叩く。
希佐はためらいがちに体重がかからないように頭を乗せる。
白田は希佐の髪を撫でながら希佐だけのために歌い始めた。

◆感想
「来たとしてもいくらでもごまかせる」
これミツキサならではというか……仲良いの隠さなくても全然あやしまれなさそうですよね。
ジャンヌ2人っていう感じに見えるからっていうのもあるし……
白田先輩って、そもそも希佐が女性とわかってないときから希佐に惹かれていたので、女の子を好きになったんじゃなくて希佐という存在を好きになったという感じなので……。
男女の恋愛を超越してるというか……。
でも御法川先輩にバリバリ嫉妬むき出しだったし独占欲はあるんだよなあ。難しい。
母親の影響があって女性にマイナスイメージ抱いてるとこあったりするのかな……根地先輩に似た感じで。
あと着替え見られるの嫌がったり温泉一人で入りたがるのも、白田先輩って女子みたいな外見なだけに、男性にヤラシイ目でじっとり見られたり嫌な思いしてきたんだろうなぁと思うんですよ。
そういう「男性目線」も忌み嫌ってるのだと考えると自分がそういう風にはなりたくないとも思ってそうな気がする。根深そう……
これFDで克服してミツキサもっといちゃいちゃしませんか。
でも来期白田先輩3年でまた舞台舞台でスポ根な一年になるんだろうな……

白田先輩お気に入りのアプリコットジャム置いておきます

織巻寿々 『好日』

◆あらすじ
春休みのうちにどこかに出かけないかと希佐に誘われ、希佐のほうから誘ってくるなんて珍しいと思うスズ。
絢浜から乗ったバスの中、スズは希佐と肩が触れあう距離を意識する。
到着した先、山の上から見える景色に喜ぶスズを見て嬉しそうな希佐。
誘ったのはスズくんと二人きりで過ごしたかっただけなんだとはにかむ希佐に、スズは手を差し伸べた。

◆感想
んースズキサはキス多くてよろしいですねー
でも爽やかで健全なCP。
隣に座って肩が触れ合ってドキドキみたいな……
希佐のほうから2人きりで過ごしたいからっていう理由でスズを連れ出すというのもまたよい……。
2人きりになりたいんだったら寮のどっちかの部屋が一番手っ取り早いのに、スズくんが喜んでくれそうというのもあって山に連れてったの?希佐ちゃんは!健全ッ!!!!!
もーまさにそういうとこなんだろなぁスズが好きになったのはー

世長創司郎 『相思』

◆あらすじ
春休みの天気がいい日、希佐に「今日はいい天気だね」と話しかけデートに誘う世長。
比女彦神社にお詣りをしている最中、世長は隣に立つ希佐が身につけているクォーツのネックレスを盗み見る。
自分が贈ったそれを見るたびに彼女が自分を傍に置いてくれている気がして救われていたが、それではダメだと世長は視線を前に向けて目を閉じ直した。
これからも多くの試練がふりかかるであろう彼女を守りたい。そのために強くなると神様に誓いを立てながら。

◆感想
創ちゃん成長したね……希佐ちゃんのこと頼むね……頼んだよ……
今更なことなんですけど、寮生活だから朝食から顔合わせられるんだよなって改めて思って、なんだか他の個人的推しCPで想像してニヤニヤしました。
いや、ゲーム中でも何度かホールで偶然会って一緒に食べるシーンありましたしわかってはいたんですけど、それはあくまで偶然、意識してないシーンが多いので。
この創ちゃんのように他キャラも食堂で希佐のこと探してたら萌えるわぁという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました